【卒業生インタビュー|入社一ヶ月】

今回ご協力頂いたのは、

今年の11月に就職したばかりの松本 裕介さんです!

(一か月前の就労セレモニーの際の写真)

 

就職して一カ月、プラーナに遊びに来てくださいました。

 

 

今回の取材は、「公開取材」として行い

その場に居たご利用者様にも聞いてみたいことを質問して頂きました。

 

就職して1ヶ月。

実際に働き始めて感じられた事を真っ直ぐにお話しして頂きました。

それでは早速聞いていきましょう。

 

片野)

就職されて一カ月が過ぎました。どうですか?

松本さん)

最初は暇な時間が多く、ちょっときつかったんで、

出勤初日で「やめちゃおうかな」って思ったんですけど、

でもまあ、さすがに条件が自分にとって良い仕事だったので

とりあえず続けてみようって思ってここまで来ました。

 

プラーナも最初ダメだったんですけどだんだん慣れて居れるようになったんで

あの時を思い出してなんとか乗り越えましたね、プラーナ根性で。

 

片野)

ちなみにプラーナのどこがダメでしたか…?

 

松本さん)

ダメってそういう意味じゃなくて、じっとしてるのが苦手なんですよ

 

片野)

今のお仕事でもパソコン作業などじっとしている事が多いのでは?

 

松本さん)

座ってること多いですけど、休み時間とかに片野職員に教えてもらったスクワットとかやって、リハビリしたりしてます。

 

 

片野)それはうれしいですね…。さすがです。他にプラーナで学んだ事で仕事に役立ったことありますか?

 

松本さん)

第一は、忍耐力ですね。

第二が、パソコンですね。

パソコンはプラーナに来るまで全くできなかったのが、多少なりともExcelとか表作ることぐらいは出来るようになったので。実際に仕事に入るとそれだけで十分なんですよね。今の仕事では。

やっててよかったって思いました。

 

Kさん)求人検索の中で重要視していた条件はありますか?

 

松本さん)

僕は車いすで働けて、車通勤が可能かの2つだけだったです。

ただ車通勤が可能な所がなかなかなくて。

それで見つかったのが今働いている所でした。

 

守衛所の中で勤務してるんですけど、

僕の前に働いていた人も車いすだった関係で、

駐車場は屋根付きで、雨降ってても濡れないし、

入口の所は全部スロープついてるんです。

 

職場の人は食堂まで車いす押してくれたり本当、恵まれてますよ。

 

片野)対人関係は良好なようで安心しました。

それでは、最後に質問です。ずばり今後の目標は?

 

松本さん)

仕事の中で起きる突然の出来事にも動揺しないってことですかね。

ちょっとまだテンパっちゃうんで、もうちょっと余裕もってやりたいですね。

 

 

この日の土曜カリキュラムに来所頂いたご利用者様の中には、

松本さんのプラーナ卒業セレモニー当日には

参加できなかった方もいらっしゃったので、

「最後の日に会えなくて後悔してたんで、会えてうれしいです」と

再会を喜ぶ姿がありました。

卒業した後もこうしてご利用者様同士がつながっている事が

職員の私としても、とても嬉しいです。

就労移行という場所が、

就労に向けた準備といっただけでなく、

居場所になって頂ける事に大きな意味があるのだと、

私を置いてきぼりで楽しむ皆様の姿を

見てそんな事を考えさせられました。

松本裕介さん、ご協力ありがとうございました!

また、いつでもお顔見せに来てくださいね!

 

見学や質問など、ぜひお気軽にお問い合わせください。

就労移行支援 プラーナ湘南

0467-40-5232

 

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。