クールビズの季節!

皆さん、こんにちは。

プラーナ相模原スタッフの羽田野です。

6月に入りましたね。

今日も午後から気温が上がってまいりましたね。少しムシムシしていますが、皆さん体調はいかがですか?

プラーナでは今日からスタッフのクールビズが始まりました!

6月といえば、衣替えにプール開き。

制服の学生は冬服から夏服へ、プール道具を持って歩く小学生の姿も見られる季節ですよね。

ここ数年でビジネスシーンでもクールビズがかなり浸透してきていますよね。
やはり夏の暑い時期にネクタイやジャケットを着て仕事をするのはツラいものです。
個人的にはクールビズができてくれて本当にありがたいなと思います。

働く人にとっては、ノーネクタイや半袖シャツにしてジャケットも着ないとかなり涼しくなり、仕事が効率的にできますし、体調管理もしやすいですよね。会社にとっても、室温を高めに設定でき節電をして経費削減ができるので経済的です。

環境のことを考えても、夏場の冷房使用による電気の使いすぎや二酸化炭素の排出が問題として指摘されていますが、この対策として省エネで過ごせるクールビズは有効と考えられます。

ただ、クールビズの期間内にノーネクタイや半袖のシャツなどを着るのはいいと思うのですが、きちんと時期を知っていないと取引先の方に非常識と思われてしまうかもしれません。
衣替えの時期はしっかり把握しておきたいものです。

夏にビジネスシーンでノーネクタイや半袖に衣替えするのは基本的にクールビズの時期になります。会社によってクールビズの期間は若干変わってきます。
ですので基本的には会社の方針に合わせてノーネクタイや半袖に衣替えするのがいいでしょう。

新聞などを見ていると、6月1日から9月30日までをクールビズの期間としている会社が多いように思います。プラーナも6/1~9/30までがクールビズ期間となっています。
しかし企業によっては7月に入ってからという場合もありますし、終了時期も8月末までということもあります。
ですので一概にビジネスシーンで夏の衣替えの時期はいつからいつまでということはできません。

クールビズを実施する企業では期間の案内があると思います。
ですので基本的にビジネスでは会社のクールビズの期間に合わせてノーネクタイや半袖シャツに衣替えするのが無難です。
ただし、クールビズ期間であっても半袖はダメという会社もあります。
このような服装をして下さいという案内もあると思うので基本的に会社の方針に従うのがよいでしょう。

【ビジネスウェアの例】

大事なのはクールビズの目的や会社の規定をしっかり確認して、自分が仕事がしやすい、けれどもお客様に嫌な気持ちを抱かせない、失礼のない清涼感のある服装を心かけることではないでしょうか。

周りの方たちのサポートあっての仕事、お客様あっての企業活動なので、社会人として周囲の人に失礼のないビジネスマナーを心掛けた服装をしたいものですね。

皆様のクールビズ、もう始まりましたか?

相模原のブログでは、就労に関する役立つ情報を今後とも発信してまいります!

今日はここまで!

 

 

 

 

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。