【体調管理】ストレス対処の強度

皆さんこんにちは。プラーナ海老名スタッフの前田です。
温かい鍋物の美味しい時期になってきましたね。白菜が美味しいと思えると冬が近くなっているなと思うようになります。

旬の食べ物を取ることで、その時期に必要な栄養素も補給することが出来ます。
最近は年中色んな物が手に入りますが、旬の物を意識しながら食事をしてみたらいかがでしょうか。
ちなみに、11月が旬の野菜は
春菊、ネギ、ほうれん草、チンゲン菜、レタス、白菜、ブロッコリー、さつまいも、長芋、ごぼう、人参、れん根、かぶ、生姜
などだそうです。
私は生姜入りのお味噌汁なんか作ってみたりします。
あったまるので朝晩の冷えにもよいためおススメです。

コロナ禍とストレス対処

旬の物を食べながら体調を整えることもストレス対処の一環ではありますが、今年は特に例年よりも疲れを感じやすい方が多いのではないでしょうか。
職員の中でも、今年は季節の変わり目の疲れを感じやすいという声が上がっています。
寒さ暑さの変わり目は、その環境に慣れるだけでもエネルギーを使いますが、普段と違う疲れやストレスを感じているだけでも余計に疲れることがあります。

プラーナ海老名ではストレスマネージメントというカリキュラムを実施していますが、その中でストレスについて皆さんにお伝えしています。

ストレスに対する許容量は、人によって大きく異なります。
同じ事柄でも、捉え方も異なりますしストレスを感じる度合いも違います。
ストレスの許容量は、日々の疲れや解消できずに溜まってしまっているストレスによっても変わってきます。

その中で、今年はコロナによる自粛、出来たことができなかったり、楽しみにしていたことが予定がなくなったり、と、例年になかったストレスを感じている方が多くいらっしゃいます。
ストレス対処についても、普段であれば運動をする、音楽を聴くといった対処で解消できているものが、普段と同じ対処では解消しきれず、知らないうちに解消しきれなかったストレスが溜まっていきます。

いつもやっているストレス解消方法をやってもなんとなく疲れている、どこか元気になりきらない、という場合、いつものストレス解消法では足りない可能性があります。
単独のストレスに対する対処についても、受けたストレスの強さによって対処方法を変えなければどこかに残っているかもしれません。

カリキュラムの中では、ストレスに対する対処法について他のメンバーと共有しながら自身に向き合って考えていきます。
プラーナで一緒に元気を保つ方法を考えていきませんか。

~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ海老名はあらゆる視点で
あなたの就職活動と、その先のサポートをしていきます。
お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。