実践してみよう!

就労本番前に、「企業実習」させて頂きました!!

プラーナ海老名では、キャリア活動の実践編として、企業様での実習をさせていただいています。
一人は、いつも海老名市就労チャレンジ事業でお世話になっている、地元の企業様で、野菜のラベル貼りや袋詰め・品出し等をやらせて頂きました。
今回は、忙しいスケジュールの中、直接プラーナ海老名の実習を入れて頂いたので、職員と同様朝8:30には出社し、夕方までの時間を5日間。。慌しい忙しさと炎天下の道のりを通うところから、仕事の実践です!

 

ja

 

また、もう一人は、利用者の方の自宅に近いところで、障がい者の実習を積極的に行っている企業様で、こちらは、徹底した衛生管理のもと、工場でのドライフルーツやナッツ等の重さを測りながらの袋詰めや、選別、その商品を入れる段ボール作り等の作業を11日間の長期間やらせていただきました。

 

tatuya

 

それぞれが、実習後振り返りを行い、反省と共に出てきたのは。。。

*自分が好きなことが少しわかってきた
*始めは出来ないと思ったが、やっているうちに「もっと働きたい」と思った

こんな言葉でした。

 

就職は、頭の中だけではなかなか進まないもの☆
活き活きと働く―実習をこれからも実践していきます。

そんなプラーナ海老名の利用者に、会いに来てみませんか!?

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。