梅雨の季節といえば・・

アジサイ
紫陽花が綺麗な季節になりました。
それと同時に、毎日、曇りや雨の日が多く湿気が多い中、一番注意しなければいけない
【食中毒】が多く発生する時期にもなっています。

プラーナ海老名でも、食中毒対策として、ポスターを掲示し、利用者の方に注意を呼び掛けています。

食中毒を防ぐための三つの原則として、
「つけない」「増やさない」「やっつける」
があります。

「つけない」・・・手についた様々な菌を食べ物につけないように、正しい洗い方でしっかり手を洗う。
「増やさない」・・・高温多湿な環境では、菌の増殖が活発になります。食べ物についた菌を増やさないために、生ものは早めに冷蔵庫に入れ、早めに食べましょう。
「やっつける」・・・食品を加熱することで、ほとんどのウイルスや菌は死滅します。それと同時に布巾やまな板、使用した調理器具は洗剤で洗った後、熱湯をかけて消毒しましょう。

こういった対策を意識していくことで、自身の体調管理にも繋げて欲しいと思います。

このジメジメした季節を健康な体で乗り切っていきましょう!

食中毒

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。