動いて伝えて

プラーナ海老名のカリキュラムでは、
少人数のグループを作って
意見交換をしたり、一つの課題に向き合ったりすることがあります。

グループを作って、いきなり本題に入ってしまうと、
緊張がほぐれず、ちょっと話に入りにくい…と感じる方も、多いです。
そのため、場慣らしのウォーミングアップとして、
簡単なミニゲームをすることもよくあります。

そこで使われることがあるのが、『ジェスチャー当てゲーム』。
言葉は使わず、ジェスチャーだけで、相手にお題を伝えるものです。

先日のレクカフェの時間は、
普段はウォーミングアップとして行うことが多い
『ジェスチャー当てゲーム』を
思いっきり楽しんでいただきました!

難しいお題を当てると、
ジェスチャーをした人も、回答者も、高得点になるルールです。

身体を大きく、

思いっきり使って…

これはなんでしょう!?

写真だと難易度が急上昇ですね;

コミュニケーションは言葉で伝えるだけではなく、
身振り手振りを使って表現することも有効です。
以前【コミュニケーション】で学んだことを、
レクリエーションをしながら、思い出していただければ幸いです。

ジェスチャーの回答はまた後日!

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。