面接をする側になってみよう

みなさんこんにちは、相談支援員の岩野です。

 

本日は、先日のビジネスシミュレーションで扱った内容をお伝えさせて頂きます。

 

就労を目指すにあたって、「面接」は避けて通ることができません。

面接」と聞くと、緊張や苦手意識を連想してしまう方は多いと思います。

 

「面接」では「志望動機や自己PRの表現力」・「コミュニケーション能力」・「資格やPCスキル」など、様々な「能力」がどれも高くなければ、落とされてしまうのではないか。

 

そう思っていませんか?

 

本当に、面接官はそれらすべての「能力」が高い人のみを求めているのでしょうか。

 

あなたが面接する側であったとしたら、何を見ますか?

 

今回はこれをテーマとして、各々がメモに書き出し、それらを全て集めて、

グルーピング(分類化)を行い、ラベリング(名付ける)を行いました。

 

その結果、「人柄」・「価値観」・「能力」・「外見」のグループが作られ、そのなかで特に意見が集まったのは「人柄」でした。逆に、一番集まらなかったのは「能力」でした。

つまり、自分が面接をする側であったとして、「能力」よりも「人柄」や「価値観」を評価するという傾向がみられました。

参加されたご利用者様からは

素の自分を大切にしていいんだ」

「少し、肩の荷が下りた気がする」

そんな声が聞こえてきました。

 

あなたも、カリキュラムを通して様々な「気づき」を得てみませんか。

~次に繋げる~

プラーナ海老名 046-259-6138

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。