新カリキュラム・表現と発信

みなさんこんにちは、スタッフの中辻です。

7月も半ばを過ぎて、梅雨らしい天気が長く続いているのでそろそろお日様が恋しいですね。

クセっ毛の私は湿気が多いと髪の毛が膨らむので毎朝整えるのが大変です(笑)

蒸し暑い日も多いので、熱中症にはどうぞお気をつけ下さい。

さて、先月よりプラーナ海老名では新たなカリキュラムを展開しておりますが、
今日は『表現と発信』についてお伝えします。

このカリキュラムは自己発信力と自己表現力の向上を目的としたカリキュラムです。

カリキュラムでは
口をしっかり開けて滑舌良く話せるためのトレーニング腹式呼吸を意識した発声練習を行っています。

せっかく話をしていても口が開いていない事からモゴモゴとこもった声になってしまい、自分の伝えたいことがしっかり相手に伝わらなかったら残念に思いますよね。

また、腹式呼吸をする事で声に強弱をつけて話せるようになり、言葉の表現力を深める事ができます。

緊張した場面で声がうわずってしまった経験はありませんか?
そんな悩みも腹式呼吸を取り入れる事でずいぶん解消されます。

初めのうちはお腹から声を出すことがわからない、と仰っていた方も回数を重ねる毎にだんだんとコツをつかんでこられた様です。
今ではしっかりと口の形を意識してしっかりした声を出していらっしゃいます。

また、『表現と発信』の後半では、アウトプットの要素も取り入れた内容を展開しており、お一人ずつテーマに沿って声を出して発表をしていただく時間を設けています。

先日は有名なアニメ映画のセリフを引用して日頃のうっぷんを晴らせる内容をご用意しました。
更にセリフの後にプラスαでご自身の言葉を付け足して、気持ちを込めて発表していただきました。

みなさんいろいろなシチュエーションの様々な感情をおもいっきり声に出したり、ジェスチャーを交えて発表して下さいました。

「普段はあまり大きな声を出すことがないのでスッキリしました」

「自分は滑舌があまり良くないので改善に向けて取り組みたいです」

話すことが得意な方、どちらかというと自信がない方、様々な方がいらっしゃいますが、カリキュラムでは発表するだけではなく、『聴く姿勢』も大切にしています。

発表者の方へ身体を向けて、ワクワクした気持ちで、時にはリアクションを入れながら、発表する方が発言しやすいような雰囲気をみなさんで作っていらっしゃいます。

「人前で発表するのは苦手だけど、この雰囲気の中でなら発表出来そうです」と話して下さる方もいらっしゃいました。

日々のコミュニケーションや職場での報連相、企業面接の際に、より上手に自己表現をして頂けるよう今後もいろいろな内容で展開をして参ります。

人前で話すのが苦手だけど克服したいと思っている方、是非ご見学にいらしてください

お電話お待ちしております。

~プラーナ海老名~

046-259-6138

~次に繋げる~

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。