インフルエンザにご注意を!

みなさんこんにちは、スタッフの中辻です。

11月に入り、朝の気温が10度を下回るなど冷え込みが強くなってきましたね。鼻やのどに違和感を覚えたり体調を崩されていませんか?くれぐれも身体を冷やさないようになさってくださいね。

 

体調不良といえば、この時期から警戒したいのがインフルエンザではないでしょうか?

毎年秋から冬にかけては、インフルエンザの流行シーズンです。高熱や関節の痛みなどを伴い、人によっては重症化するおそれもあります。

インフルエンザがどのようにして感染するのかというと、飛沫感染(ひまつかんせん)接触感染の2つがあります。

飛沫感染・・感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染

*主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

接触感染・・感染者がくしゃみや咳を手で押さえ、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染

*主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

 

日々の生活の中で私たちは様々なものに触れていますが、それらに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

ウイルスの体内侵入を防ぐため以下のことを心がけましょう。

・外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前など石けんを使ってこまめに手を洗いましょう。(ウイルスは石けんに弱いため)

・インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

・空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

もしも、くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、

次のような咳エチケットを心がけましょう。

・マスクの着用

くしゃみや咳が出ている間はマスクを着用し、使用後のマスクは放置せず、ごみ箱に捨てましょう。

マスクをしていない時にくしゃみや咳をするときは、ティッシュなどで口と鼻を覆うのも大切です。

口と鼻を覆ったティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

ティッシュなどもなく、くしゃみや咳を手で押さえた場合すぐに手を洗いましょう。ドアノブなど周囲の物にウイルスを付着させたりしないために、インフルエンザに感染した人もこまめな手洗いを心がけましょう。

・顔をそむける

くしゃみや咳の飛沫は、1~2メートル飛ぶと言われています
くしゃみや咳をするときは、他の人にかからないようにしましょう。

 

流行を防ぐためには、原因となるウイルスを体内に侵入させないこと周囲にうつさないようにすることが重要です。インフルエンザの感染を広げないために、一人一人が 「かからない」「うつさない」対策を実践しましょう。

 

~次に繋げる~

プラーナ海老名

ご見学のお問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。

0120-40-3229(支援で身に付く)

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。