SST(ソーシャルスキルトレーニング)

みなさんこんにちは。プラーナ海老名スタッフの前田です。

8月が間近に迫っていますが、関東では未だに梅雨が明けておりません。
今日は気温も低く過ごしやすいものの、夏野菜の収穫に影響があることが心配です。
旬の食材は体に良い効果がたくさんありますので、積極的に摂りたいところです。
夏野菜は水分も多く、体を冷やす効果もあります。
熱中症予防に塩トマトなど、是非食べてみてください。

プラーナ海老名におきましては、
みなさまが安心して施設をご利用して頂けるに、
登録衛生検査所での職務経験がある職員主導のもと、
日々の職員・ご利用者様の体温確認と常に換気を行うほか、
共有設備の消毒・除菌徹底を実施しております。

さて、今回はプラーナ海老名で行っている
SST(ソーシャルスキルトレーニング)についてお伝えしたいと思います。

SSTとは、私も、皆さんも、生活をする上で関わりのある人間関係や日常的な行動など、
様々なところで判断をしたり、自分からアプローチをしたりしています。
その日常的に起こる行動、判断やアプローチを生活技能と言いますが、
これを向上させるためのトレーニングになります。

例えば…
初対面の人と話す時に何を言ったらよいのかわからない
同僚と打ち解けられない
困っていることを伝えられない
などなど、自分の意思を伝えることに困りを感じている時に、
「ではどうしたら良いのか」をたくさん知っていただく内容です。

SSTを通して、様々な場面で発信していくための言葉や行動の引き出しを
作り、中身を増やしていきます。
これは、それまでの成育歴などで身についているものでもありますが、
障がい特性によって身に付けることが苦手な場合や場面があります。

その特性に応じて、これまで経験を重ねられなかった点について
SSTを通じて身に付けていくことでその場面に出会った時に対処できる内容が増えていきます。

特にプラーナでは、コミュニケーションを大切にしています。
コミュニケーションを図ることが、人間関係を築く一歩目です。
自分の意思を発信すること、相手の意思を受診することについて、
自分は何が得意で、何が不得意なのか。
そこも含めて、自身のコミュニケーションについて振り返り、
コミュニケーション能力の底上げをしていきます。

7月に入ってから実施した内容は、「初対面の人との挨拶」「挨拶の後の会話」
「数回目の雑談の広げ方」「話の終わり方」です。
雑談も、仕事をスムーズに行う潤滑剤になります。
ご興味のある方は是非体験してみてください。

例年、この時期は夏期へ向けたお問合せが増えております。
見学・実習等につきましてはお早目にご連絡くださいませ。

~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ海老名はあらゆる視点で
あなたの就職活動と、その先のサポートをしていきます。
お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。