わかりやすく伝えるテクニック

こんにちは。プラーナ八戸の檜﨑です。

8月も終わりを迎えようとしており、季節も秋へと変わり移ろうとしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて今回は、ビジネスマナーで行った「情報伝達」について「わかりやすく伝える」5つのテクニックをご紹介したいと思います。

  • 全体像が分かるように【大枠】から伝えると聞き手が理解しやすくなります。

例えば、今日の業務は次の3つになります。1つは書類作成。2つ目はデータ入力。最後は清掃です。のように伝えると理解しやすくなります。

  • 【具体的】に伝える事が大切です。仕事で何かを依頼する場合も「なるべく早くお願いします。」と言うより、例えば「木曜日の午前中までにお願いします。」と伝えるとより明確になります。
  • 聞き手は不安になってしまうこともあります「ここはこうしてください」と【自身を持って話す】と、聞き手も安心して考えることができます。
  • 話し手は「知っていること」を話していますが、聞き手は「知らないこと」を聞いているのだという当たり前のことを忘れないようにして、自分でちょうど良いと思うよりも、意識的に【ゆっくりと】話しましょう。
  • 聞き手は何も知らないということを理解した上で、相手の知っていることにうまく絡めて、【相手の土俵に立って】伝えるようにしましょう

5つのテクニックをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

意識してテクニックを駆使する事を心掛けて行きましょう。

プラーナのカリキュラムでは就労後に職場で役に立つポイントをお伝えしています。

プラーナの取り組みに興味を持たれましたら、随時見学も行っております。

お気軽にお問い合わせください。

~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ八戸はサポートしていきます。

お気軽にご連絡ください。

◎お電話でお問い合わせの方0120-40-3229

◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。