2018年を振り返ろう

今年も残すところあと半月
雪がちらつく日が当たり前となりました。
空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるので
体調には十分にお気を付け下さいませ。

ところで、新年を迎える準備は出来ていますか?

気持ち良く新年を迎えるには、今年一年を振り返り、
目標の整理を行うことが重要です。

しかし、今年一年振り返ろうと思っても

・なかなか振り返る時間が取れない
・最近のことしか思い出せない
・頭の中がごちゃごちゃ

など、中々手が伸びないこともありますよね。

そんな時にぜひお勧めしたいのが【マインドマップ】と呼ばれる
手法です。

マインドマップ】とは
イギリスの著述家 トニー・ブザン (Tony Buzan)氏が提唱した思考・発想法の一つであり、
自分の考えやアイデアを視覚的に捉えて頭の情報を整理しながら、
新たな発想を得ていくためのノート術です。

書き方は簡単です。

まずは、大き目の白い無地の用紙と色鉛筆や
ペンなど、色味を出せる筆記用具を準備します。

そして中心にメインテーマ(絵)を描きます。
今回のテーマは「2018年の振り返り」

メインテーマから枝(ブランチ)を伸ばし、テーマに関連する単語を乗せます。
あとはその単語に対して自分自身に質問を投げかけながら
枝(ブランチ)を伸ばしていきます。

書く時は、好きな色を使って書いていきます。
ここが重要なポイントです。

脳は、色のイメージを素早く認識しやすいという性質を持っています。
色を使うことによって、一瞬で認識、内容が記憶に残りやすくなります。

皆さん集中して書いています。

書き終わった【マインドマップ】を全体的に眺め、
自分の頭はこんな考えでいっぱいだったんだと
驚かれている方もいらっしゃいました。

今回はテーマは「2018年の振り返り」としましたが、
何かアイデアを出したいとき、面接で自己PRを行うにあたっての自己の掘り下げ
などにも活用していただけます。

このようにプラーナ八戸では、一般企業に勤務経験のあるスタッフより
ビジネスシーンで活用できる技や考え方を経験談を交えお話させていただいております。
少しでも興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問合せください。

次に繋げる『プラーナ八戸』

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。