職場体験リポート

こんにちは!プラーナ八戸の佐々木です。

障がい者雇用では、就職活動のひとつとして職場実習を行っております。

実際の職場でお仕事をしてみることで、仕事内容や職場の雰囲気を理解し、働くことのイメージをつかむきっかけになります。

 

今回は、現在職場実習にチャレンジしているSさんをご紹介します!

実習先は(株)ライブワークス様。電子機器や自動車の解体・リサイクルを行っている会社です。

Sさんの仕事はデスクトップの解体作業。実習期間は8日間です。

PC操作が得意で、電子機器に興味のあるSさん。普段使っているパソコンの内部を見ることができ、「わくわくします」と嬉しそう。

パソコンのカバーを取り外すと、リサイクルできる部品がたくさん出てきます。

解体しながら部品ごとに分類していきます。

 

Sさんは、普段工具を使う機会は少ないものの、電動ドライバーもすぐに使いこなし、スタッフの方から「器用ですね」と褒められ、ご自分の新たな一面を発見できたようです。

プラーナのスタッフも職場体験に同行し、お仕事の様子を見せてもらいましたが、やみくもに解体すればよいのではなくなかなか頭を使う作業です。

一つひとつの手順をきちんと考えながら作業するのはSさんの得意なところ。さっそくご自身の良さを発揮していました。

日が経つにつれ、作業スピードが上がり一日に解体できるPCの数もどんどん増えています。

立ち仕事なので足腰に痛みを感じることもあるとのことですが、プラーナでのカリキュラムを通じて、休憩を取ることの大切さを学んでいるので、無理せず自分の体調を意識しながらお仕事に取り組んでおられます。

 

この実習でたくさんのものを得て、今後の就職活動につなげていただけるよう、プラーナのスタッフもサポートしていきます。

実習が終わりましたら、Sさんから実際に体験してみて感じたことなどをお聞きし、またこちらでご報告したいと思います!

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。