「秋バテ」対策

こんにちは。プラーナ八戸 木村です。
9月に入っても30 度を超える日々が続いている八戸ですが、皆様は体調崩したりしていませんか?

夏は暑さによる「夏バテ」がありますが、夏が終わって暑さが落ち着いてくると「秋バテ」も出てきます。

秋バテの原因は大きく分けて2つ。
1つめは、冷たいものを摂りすぎて胃腸の機能が低下した「内臓冷えタイプ」。
2つめは、冷房の効いた室内と外気温との温度差のため、疲れやだるさがおこる「冷房冷えタイプ」です。

どちらにしても、身体を冷やし過ぎたことで血行が悪くなって起こります。

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれますが、天候が変わりやすいこの季節は、体調を崩しやすくなります。
その原因は、冷房や冷たい飲食物による冷えによるもの。
冷えにより自律神経のバランスが乱れ、秋口まで不調が続く「秋バテ」を感じる人が増えてきています。

秋バテの基礎知識や実践していきたい対策をご紹介します。

「秋バテ」対策として4つの方法で体を冷えから守ることが大切です。
1.食事。温かいものを積極的に摂りましょう。
体を温める食材のショウガ、ニンジンやネギといった根野菜などを摂りましょう。また、豚肉や納豆などビタミンB群が含まれている食材は疲労回復効果があります。
2.冷房対策。オフィスなどで空調温度が決められている場合は、上着で室内外との温度差を調節でしましょう。ひざ掛けやハイソックスで保温するとよいでしょう。
3.入浴。眠る2時間ほど前に38~39℃のぬるめのお湯にゆっくりとつかると血行が良くなります。また、リラックスモードに切り替わりますし、体力や胃腸機能の回復を助けてくれます。
4.就寝時。暑さがやわらいでいれば冷房は使わず、代わりに保冷剤や水枕で首や後頭部を冷やして寝苦しさを解消できます。また、朝方寒さで目を覚まさないように長袖のパジャマを着たり毛布を準備しておくと安心ですね。

暑さによる疲れを解消し、快適に秋を迎えるためにも試してみてはいかがでしょうか。

~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ八戸はサポートしていきます。

お気軽にご連絡ください。

◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229

◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。