プラーナビジネスマナー講座

カリキュラム内容例:会社組織

いよいよ、具体的なビジネスマナーを学んでいきます。会社とはどんなものか、何が仕事で要求されるのかを理解してもらいます。その上で、必要な会社のルールや身だしなみなどをご利用者が参加する実習形式で進めていきます。ご利用者が納得して、明るく、清潔で、爽やかに振る舞えることを目指していきます。ただ単に、マナーはこうですと言うのではなく、なぜそうしなければならないのかを理解して身に着けていきます。

カリキュラム内容例:ビジネスマン・ビジネスウーマンとは

先ずはビジネスマナーとは何か、なぜ必要なのかを分かり易く、お話をしていきます。会社で仕事をすることは自分が組織人であると自覚することから始まります。障がい者であっても、組織人として必要な事柄ができなければ仕事もうまくいきません。
就職するご利用者の側から必要なビジネスパーソンとしての心がけ、態度、仕事ぶりを学んでいただくとともに、ご利用者の勤務が継続できるように、皆様を受け入れる会社への体制作りをも促進していくプログラムです。

「プラーナビジネスマナー」って?

ビジネス(仕事)をする人は個人事業主であれ、会社組織の中であれ、人と接して仕事をしなければなりません。個人の場合はお客さんであったり、得意先であったりします。会社の場合は上司であったり、同僚であったりします。仕事は決して全く人と無関係ではできません。そこで、人とのコミュニケーションが大切になってきますし、このコミュニケーションの一つの手段としてのビジネスマナーが必要になってくるわけです。
人によっては苦手の方もおいででしょう。しかし、仕事をしていくからにはどうしても必要なものです。
そんなコミュニケーションが苦手のご利用者にもプラーナではただ単にビジネスマナーはこうしなければなりませんというような形式だけの学習ではなく、その本質を考え、理解した上で、分かり易く、楽しく学習していくことを目指しています。
就職した時に、「ああ、プラーナでビジネスマナーを身に着けて本当に良かった。」と必ず感じられると思います。また、プラーナでの学習が勤務の定着にも大いに結びつくことになります。

サービス内容。就労移行支援プラーナのご紹介

  • 障がいをお持ちで就職先がなかなか見つからない
  • 就職したいが不安がある
  • 就職前、就職後のスキルアップがしたい

などのお悩みをお持ちの障がい者の為の施設です。精神障害、知的障害、身体障害、発達障害をお持ちの65歳未満の方であればどなたでもご利用いただけます。

施設ご利用前に、施設の様子を見学しませんか?

ご利用前に施設内容、カリキュラムなどを説明会にてご案内させていただいております!!

プラーナでは定期的に施設説明会を開催しております。
・プラーナってどんな施設?
・自分に合うかなぁ?
・申し込む前に見ておきたい
など、利用前の不安を説明会にてご案内させていただいております。お気軽にお問い合わせください。