雇用率増加したからこその就労移行支援の大切な役割。

皆様ご存知のとおり、今年の4月より法定雇用率が上がり約6ヶ月を迎えました。
一気に増加することはありませんが、昨年に比べ確実に企業からの求人は多くなったと
就労支援をしていると実感しております。

その一方で、残念ながら複数の中央省庁による障害者の雇用率を長年水増しが取り上げられました。おそらく氷山の一角であり、民間の企業でもそのような実態が現実では起こりえてしまいます。

私たち就労移行支援としては、そのような企業体に入らない様に確認する役割もあります。様々な準備をして掴んだ就労という形においては、お互いに理解を深め、安心して活躍できる企業に入って頂きたいと願うことから相談をしてサポートを進めて参ります。

しかし、就労移行支援にも様々な姿があるのも現状です。
就職数を多く謳っている事業所はたくさんありますが、『就職』という形のみに縛られているところもたくさんあります。当然就職を目指すためのサービスではありますが、耳を疑うことが良くあります。とある別事業所の職員から実際あった話ですが、入社できたら、あとは「離職しても関係ない」ということを何の気なしに話されていたことがありました。
また、直前まで就業していた方が離職して再就職の為に当事業所に見学に来られた時の話ですが、再就職を目指すため、以前通って慣れていた事業所に行こうと思ったところ、その事業所から「うちから就職して離職したら、定着率に影響するので再利用は出来ません」という言葉を投げかけられたというのです。その言葉に見学者も愕然としたようです。

話を聞いていくと、本人の障がい特性に応じた環境整備もなければ、採用者への連携も取っていなかったようで、そもそも適切なマッチングが出来ていないにもかかわらず、「就職」というキーワードに魅力を感じてしまい入社していたことが分かりました。

当然、働きづらい中で就業しても、「上手く出来ない」「何のために」と就業意欲も減退してしまいます。そうならないための就労移行であり、サポートのはずが失敗体験として帰ってきてしまった一例だと思いました。

プラーナでは、声に出していうことではありませんが『ご縁』を大切にしていますので
定着支援サービスという枠組みにとらわれず、永続的に就職後もサポートを行っていきます。途中で離職することや、ステップアップの為に転職する時などにもサービス期間が無くても、次に繋がる様に再就職までのお手伝いをしております。
私たちは、皆さまにとって「安心」を届けるサービスを提供していきますので、是非一度
お近くの各拠点にて確認にお越しください。いつでもお待ちしております。

(プラーナ湘南 施設長宮下誠 記)

応募フォームはこちらをクリック

☆見学、体験実習も各施設随時受け付けております。お気軽にご連絡ください!!

相模原施設 042-707-7013
海老名施設 046-259-6138
湘南施設  0467-40-5232
八戸施設  0178-20-0134
宮崎施設  0985-52-4310

※お電話の際「ホームページを見てお問合せ、又は見学希望」とお伝えください。
スタッフがご案内させて頂きます。

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。