【体調管理】血圧測定で健康管理

皆さん、こんにちは。いかがお過ごしですか?
プラーナ相模原の浅場です。
9月に入り台風シーズンがやってきましたね。9月は防災を意識しやすい月だと思いますので今一度、防災グッズの点検をしてみましょう。先日、私は非常食の確認をしましたが、賞味期限間近のものがありましたので、新しいものと入れ替え、賞味期限間近の食材はおいしくいただきました。

さて、皆さんは健康診断を定期的に受けていますか?血液検査、尿検査、レントゲン、心電図、視力、聴覚、血圧、身長、体重測定などなど。
年に1回定期的に受けることをおススメします。病気の早期発見や注意しなければいけない生活習慣などが分かったり、逆に生活習慣を改善した結果、実感がわかなくても健康診断で数値が良化していたりします。日々、積み重ねたことが結果につながると嬉しいですよね。また継続しようという意欲につながります。

とはいっても、健康診断は年に1回程度。もっと身近にあるもので健康チェックができるといいですよね。今回は「血圧測定」をおススメしたいと思います。血圧測定器は病院で置いてあるケースが多いと思いますので、通院時などで測ってみてくださいね。

皆さんは、ご自分の血圧がどれくらいかご存じですか?血圧で何が分かるかというと、血圧の高い低いによって様々な病気になる(なっている)可能性を知ることができます。血圧は心臓から送りだされた血液が血管の内側を押す力(圧力)のことです。血圧の数値は2種類ありますが、よく上の血圧、下の血圧と言ったりします。

  1. 最高血圧(上の血圧)は心臓の筋肉をギュッと収縮させた時の血管にかかる圧力
  2. 最低血圧 (下の血圧)は心臓の筋肉が最も広がった時の血管にかかる圧力

血圧を測定された方はご自分がどこに当てはまるかチェックしてみましょう。

さて、高血圧に当てはまる場合は血管の内側が荒れ、血栓(血の塊)ができやすくなたったり、血管が詰まって、体に酸素や栄養が行き渡らなくなります。すると脳梗塞や脳出血、狭心症、心不全などの怖い病気につながってしまうこともあります。

そして血圧が低い方、例えば最高血圧が100以下、最低血圧が60以下の方などは
めまい、頭痛、耳鳴り、頭痛、肩こり、倦怠感、不眠などの症状があったり、その他の病気がひそんでいたりすることがあります。

そしてもう一つ、最高血圧と最低血圧の差を脈圧と言いますが、理想の脈圧は40~60です。脈圧が65以上の場合は動脈硬化(血管が硬くなっている)が考えられます。そして脈圧が小さい場合は血管が柔らかい状態で、最低血圧が高い場合は今後、動脈硬化につながる心配がありますので注意が必要です。

血圧測定の際は脈圧もチェックしてみてくださいね!
定期的に血圧を測って、気になる数値が続いた場合は医師に相談してみましょう。


~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。
◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229
◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。