障がい者の就職を支援!就労移行支援プラーナの支援内容とは

就労移行支援プラーナの支援内容

精神、発達、身体などの障害があっても就職できる!障害者雇用制度とは

就職先がなかなか見つからない

就職活動がうまくいかない

頑張ることに疲れてしまった

健康であってもそうでなくても。就職活動は誰にでも簡単ではなく、苦しいものです。けれども、何かしらのハンディがあれば尚更。

元気で難なく仕事ができる人と同じ土俵で戦うのは、心にも、身体にも負担の大きい戦いとなります。

現在日本では身体、精神、発達などの障害を持っている人は年々増えていて、厚生労働省「生活のしづらさなどに関する調査」(平成28年)によると、障害者手帳を取得している人の総数は5,594,000人。手帳を取得はしていない方もたくさんいらっしゃるので、本当に多くの方が障害と一緒に生きています。

そういった背景もあり、現在では企業の雇用人数に大して何%は障害者を雇用しなければならないという、障害者雇用制度というものがあります。

2019年現在、従業員が45.5人以上いる民間企業の雇用率は「2.2%」となっていますが、2021年3月末までに、さらに2.3%に引き上げられることが決まっています。

障害があっても就職はできる!プラーナの実績

希望の光を掴もうとする手

プラーナの実績は、就職率や定着率を見ればとてもわかりやすいです。

就労移行支援施設の就職率の全国平均は29.9%なのに対し、

プラーナ相模原の就職率は69.8%!

同じく、定着率の全国平均は60%なのに対し、

プラーナ相模原の定着率はなんと93.8%!!

就労移行支援をご利用されている半数以上の方は就職に成功しており、就職した方のうち90%以上の方が一定期間離職することなくお仕事を継続することができています。

就労移行支援プラーナの支援内容

就労移行支援を行っている事業所はたくさんありますが、それぞれ大切にしていることや、支援内容は大きく異なります。

プラーナが大切にしていること、その支援内容を具体的にご説明いたします。

まずは就職できる心身を整えよう。プラーナの職業訓練
プラーナの職業訓練

ご利用を初めてからはじめに受ける支援は職業訓練です。就職をするための基盤となる体調を整え、就職できる準備を進めます。

就職後をイメージ!プラーナという模擬職場に通所し生活リズムを整えよう

自宅療養が長かったご利用者様にとっては、外に出て交通機関を使ったり、人のいるところへ通所するということ自体が不安につながりますが、お仕事をするにあたっては、通勤することや人と関わることに慣れておく必要があります。

プラーナでは、事業所を模擬職場とし、プラーナに通うことで就職後のご自身の体調の変化や起こりうる問題などを事前に把握し、対処方法を見つけていただく助けを行っております。

最も重要なのは自分自身が自分のことを理解し、調整できること。

助けが必要なときには発信できることです。

努力は必要ですが、無理をすると就職は遠のきます。

ご利用者様とご相談をし、無理のないペースで少しづつ生活リズムと体調を整える助けをさせていただきます。

多様な経歴を持つスタッフによる職業訓練カリキュラム

プラーナの職員は、福祉関係の職業経験者から、医療関係、カウンセラー、教員、接客、キャリアコンサルタント、栄養士、インストラクターなど、多方面での職業経験者が配置されています。

様々な経歴を持つスタッフが在籍しているからこそ、多方面からのアドバイスができ、また、それぞれに経験してきた職業を生かした、職業訓練カリキュラムを行うことができます。

ご自身のペースに合わせて通所した際には、カリキュラムを受け、カリキュラムの内容から学びや、就職に繋がるヒントを得ることができます。

困ったときにも相談できる!一人に一人の担当スタッフ

ご利用者様一人に対して、一人の担当スタッフがつくのもプラーナの特徴の一つです。

担当職員が親身に話を聞き、一緒に計画を立て、アドバイスをくれるので、安心してプラーナをご利用することができます。

困ったことや病気の状態、希望している職業の相談など、なんでもお気軽にご相談ください。

就職の準備が整ったら実際に動いてみよう。プラーナの就職支援
プラーナの就職支援

体調が整い、就職できる準備が整いましたら、就職活動が始まります。
就職活動を行う際の支援についてご説明いたします。

就職活動に必要な書類の添削、アドバイス

就職活動担当スタッフにより、就活に必要な知識をカリキュラムによって受講したり、必要書類作成のアドバイス、添削なども受けることができます。

職業体験同行

ご希望にあった企業様の受け入れがございましたら、実際に職場へ行き職業体験をすることもございます。その際にはスタッフが同行し、企業様とご利用者様の中立ちをさせていただきます。

一人一人にあった職場のご紹介

求人はご自身で探すことも可能ですが、プラーナに直接お話がきた求人をご利用者様にご紹介させていただくこともございます。

すでに卒業された先輩方が就労されている企業や、繋がりのある企業様へご紹介させていただくこともございます。

就職が決まっても支援が続く。プラーナの定着支援
ずっと続く定着支援

プラーナの大きな特徴の一つとも言えるのが、定着支援が無期限だというところ。

定着支援とは、就労移行支援、就労継続支援、自立訓練、生活介護などの利用を経て一般就労へ移行した障害者の方が就職されてから、6ヶ月経過後に受けられる支援で、通常は3年が上限となり、3年経過後には定着支援は受けられません。

けれどもプラーナは、定着支援はご利用者様ご本人をよく知っているからこそ最大限のサポートが可能であると考え、定着支援に期限を設けておりません

就職することが目標ではなく、就いたお仕事を長く続けられることを目的としております。

卒業後にも相談できる!定期面談

無事就職され、卒業された方は定期的に施設に来所、もしくはお電話にて定期面談をさせていただいております。

就職後のご様子や、働く上で困っていること、良かったことなどお話を伺います。話をすることで気持ちを切り替えることができたり、ご自身の誤っているところを正すことができたり、職場に何か問題があれば問題解決の糸口にもなります。

交流イベントの開催

OB会や家族会、フェスなどのイベントを毎年定期的に開催しております。

こちらのイベントには卒業生も参加することができ、卒業後にも一緒に就職活動を頑張った仲間たちに会うことができます。

共に頑張っている仲間たちから元気付けられ励まされることがたくさんあります。

企業様への訪問

担当職員が企業様へ訪問し、ご様子を伺います。

お仕事をする上で問題がないか、企業様、ご利用者様双方のお話を伺います。

まとめ

プラーナの支援内容から、プラーナが大切にしていることが見えてくるのではないかと思います。

就労移行支援施設を選ぶ際のご参考になればと思います。

facebookロゴ
#followme
instagramロゴ
#followme

~次に繋げる~
次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。

◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229

◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。