一緒に働きたいと思われる人になるにはー話す・聞く時のスキル編ー

みなさん、こんにちは。相模原スタッフの羽田野です。

もう11月も半ばですね、お元気にお過ごしですか?

前回から「 一緒に働きたいと思われる人になるには?」というテーマで誰もが取り組めるスキルをご紹介しております。
前回は、挨拶するときに役立つ「目を見て挨拶する」スキルをご紹介しました。
今回は、簡単にできる「話す時と聴く時のスキル」についてです。

プラーナをご利用の皆さんは、一般企業での就労を目指し毎日訓練を積んでいます。

企業で働くという事は、組織の中で働くという事なので、色々な人と関わり、協力して仕事をすることになりますよね。

皆さんはどんな人と一緒に働きたいですか?
職場には色々な人がいますよね。
得意・不得意、長所・短所、物の見方や価値観も違えば、きっと常識だと思う範囲も違います。
何のために働くのか、という目的も、働く意欲を維持していくのに必要なものも、きっと人それぞれですよね。

言葉一つとっても、受け止め方って人それぞれだし、 誤解なんかされたらどうしよう。
自分と全然違う考えの人を理解して、チームで働くなんて無理な話だよ~。
なんて、不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

今回ご紹介するのは、そんな時に役立つ、簡単にできる「話す時と聴く時のスキル」についてです!

人と話すときには相手の目を見なさい!
なんていわれたことはありませんか?

お話をするとき、アイコンタクトは相手に「あなたにお話していますよ~」と知らせるうえでも大事ですが、ずっとじーっと見詰めながら話すのも、気恥ずかしいと感じることがありますよね。

実は、ここにポイントがあります。
自分が話し手の時には、話し始めの1小節、次の息継ぎまで必ず目を合わせるようにすることを心掛けてみてください。
「私から、あなたに話をさせてください」という気持ちで目を合わせてみてください。

好きな季節はいつですか?と質問された場合、

「春が好きです。
夏ほど暑くもなく、冬ほど寒くもなく、心地良く過ごせるところがいいな~と思います。」と答えるとします。

相手の質問への答えを最初に言うのがベストなので、まずは「春が好きです」という結論から話し、「あなたの質問に答えていますよ~」というサイン(アイコンタクト)を送りましょう。

付け加える理由などがあれば、上記のように答えるとより相手にはわかりやすいと思いますが、その際はずっとアイコンタクトを送る必要はありません。身振り手振りしながら、自分の手の動きに視線を向けたり、相手の口元や指先など動いている部分に目を向けながら話をすると「見ている・見られている」という緊張感が無く、リラックスして話すことができると思います。

「春が好き」という相手の質問に対する一番大事なメッセージの時にアイコンタクトを送り、相手に自分の意見が届くように対応するのがポイントです。つまり、それ以降はアイコンタクトをずっと送らなくても大丈夫。

アイコンタクトを送るということは「今話していることは私の大事なメッセージだよ」と伝えることでもあるんですね。

では、逆にあなたが聞き手の場合はどうなるでしょう?

あなたが聞き手なら、相手が「春が好きです」と答えている時は、自分が質問した答えを相手が答えてくれている大事な瞬間ですので、アイコンタクトを送って「聞いていますよ~」と相手が安心できるようアピールをしましょう。
相づちは、相手の話しを邪魔しないタイミングで打つことが大事です。

先程の例だと、

「春が好きです。(相づち1回目)
夏ほど暑くもなく、(相づち2回目)冬ほど寒くもなく、(相づち3回目)心地良く過ごせるところがいいな~と思います。」
などと相づちがあると相手の方も「聞いてくれているんだな」と安心して話せると思います。

例えば、3回目の相づちのあたりで

「うんうん。」とか、「そうですよね!」など短く終わらせずに、
「そうそう。私も冬って苦手なんですよ~。寒いと動きたくなくなるんですよね。朝起きるのも~・・・etc」

などと、相手が話している途中で自分の話しを始めてしまうと、話し手の邪魔になってしまいますので、相手が話し終えるまで待つことを意識しましょう。

今回は、簡単にできる、話す時と聞く時のスキルについてお伝えしました。

何気なくやっている事でも、細かくみるとこんなに無意識に色々なスキルを使っているんですね~!

こんなことで?と思うかもしれませんが、こういう細かいスキルが出来ると、大分相手に与えるあなたの印象が変わってきます。

話す内容も大事ではありますが、目線やジェスチャー、表情などが相手に伝えているメッセージって実はとても多いのです。
こうしたスキルを一つずつ積み上げることで、誤解されることが少なくなったり、人とコミュニケーションを取るときに余裕を持って接することが出来るようになると思います。

まずは肩の力を抜いて、自分にできることから一つずつ、という気持ちで。
一緒に頑張っていきましょう(^-^)/

話すこと、聴くこと、人とコミュニケーションを取るのが苦手だな、と感じている方は、ぜひ上記のスキル試してみてくださいね。

プラーナ相模原では、今後もカリキュラムやブログなどで、就労や定着に必要ないろいろなスキルを伝えてまいりますね。

今日はここまで!

~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。
◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229
◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。