かながわシェイクアウト実施

秋風が心地よい時節となりましたが皆さま如何お過ごしでしょうか。

 

毎年9月1日は防災の日です。

皆さん防災の日がなぜ9月1日に行われているか、ご存知でしょうか?

それは、多くの被害を出した関東大震災が起こった日だからです。

関東大震災は、1923年(大正11年)の9月1日に、

神奈川県の相模湾付近を震源として起こりました。

マグニチュード7.9で、死傷者数は推定10万5000人と言われています。

現在のような建設技術やライフラインの安全性が確保されていなかった為、

街全体が絶望的な被害状況だったようです。

このような被害を2度と出さないようにと、防災の日は制定されました。

家庭、学校、職場などでも、防災訓練を行ったところは多いかと思います。

 

9月1日にプラーナ相模原では、かながわシェイクアウト(いっせい防災行動訓練)に事前登録し行いました。

シェイクアウト訓練とは、地震が発生した時には、自らの身は自らで守る「自助」の意識の向上を図るため、地震発生時の安全確保行動を県内全域で行うことを目的としています。

シェイクアウト訓練で、

1.DROP!(まず低く!)  2.COVER!(頭を守り!)  3.HOLD ON!(動かない!)の安全確保行動を1分間音源に合わせて実施しました。

その後は「プラスワン」の訓練として避難訓練を行いました。

いざという時に備えておくためには、

日頃の訓練が必要不可欠であることを改めて実感した1日でした。

皆さん、お疲れさまでした。

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。