『障害者週間』知っていますか?

12月に入り街がすっかりクリスマス色になりました。
年末の大掃除やイベントで忙しくなる方、のんびり年の瀬を迎えられる方、
それぞれだと思います。

さて、そんな12月ですが二つの「○○週間」があることをご存知でしょうか。

一つは12月3日~9日の「障害者週間」です。

 

 

障害者基本法の基本理念として、すべての障害のある方に対し、
「個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有する」こと、
「社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられる」ことを宣言するとともに、
「何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない」ことを明らかにしています。
この障害者基本法の理念に基づき、国、地方公共団体、関係団体等は
障害者週間の期間を中心に様々な意識啓発に係る取り組みを展開します。

そしてもう一つは12月4日~10日の「人権週間」です。

国際連合は、1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会において、
世界における自由、正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため、
全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として、世界人権宣言を採択しました。
1950年(昭和25年)12月4日の第5回総会においては、
世界人権宣言が採択された日である12月10日を人権デーと定め、
全ての加盟国及び関係機関がこの日を祝賀する日として、
人権活動を推進するための諸行事を行うよう要請する決議を採択しました。
我が国ではこの12月10日を最終日とする一週間を人権週間と定めています。

ぜひこの機会に、自身を含めるすべての人が人権をもつ存在であることを見つめ直し、
お互いの違いを認め合うことについて考えてみてくださいね。

 

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。