恵方巻き

就労移行支援プラーナ相模原の水野です。

2月3日(土)は節分です。
節分と言えば、全国でも定番行事となりつつある
恵方巻きを食べると言う習慣を皆さんはご存じですか?

 恵方巻きは、福を呼び込むために食べる風習です。
そして、「恵方」とは「その年の良い方角」で
その年の福徳(幸運や金運など)を司る神様がいらっしゃる方角で

 2018年の恵方は「南南東」です。

恵方巻きは、元々は大阪で商売繁盛を祈願する風習として始まったようですが
1998年にセブンイレブンで恵方巻きを全国で販売するようになってからは全国で定着しつつあります。

恵方巻きの食べ方のルールとしては、恵方を向いたまま願い事をしながら

余計なおしゃべりをしないで1本丸ごと食べ切りましょう!

 

先日のワードのカリキュラムでは、スーパーマーケットで働いていると言う設定で

恵方巻き販売のポスターを作成して頂きました。

皆さんも2月3日(土)の節分には、

まずは「鬼は外、福は内」で豆まきをしてお家の中を清め

良い1年が過ごせるように恵方巻きを食べてみてはいかがですか?

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。