季節に合わせた服選びを

皆さん、こんにちは。お元気ですか?相模原スタッフの羽田野です。

衣替えのシーズンとなりましたね。プラーナではクールビズが終了しました。ネクタイ、スカーフ、上着の着用がまた始まっています。

そろそろ、しまっていた秋冬物を出して、気温の変化に対応できる洋服が揃っているか、確認しておく時期になりましたね。皆さんはもうタンスの中の秋冬物チェックしましたか?

職場では、クールビズの期間が終了したら、基本的にはネクタイ・上着の着用が必要になります。
ただ、クールビズが終わった直後はまだまだ暑い日もあるため、夏用のスーツの使い続ける方も少なからずいらっしゃいます。

この時期の洋服の準備はなかなか大変ですよね。

日中は太陽が出ているとまだまだ気温が上がり、少し歩くと夏のように汗びっしょりなんてことになってしまう時もあるのに、かと言って、朝夕は半袖だと肌寒く感じます。何を着たらいいかと毎朝迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日中と朝夕の気温差が大きいので、体が疲れやすくなったり、体が冷えて風邪をひきやすくなったりする季節です。

夜ゆっくり休み、充分な睡眠時間を確保することはもちろん大事ですが、起きている時間に、脱いだり着たり出来る薄手のカーディガンや、ジャケットなどを上手に利用して、「寒すぎる・暑すぎる」時間をなるべく抑えて快適に過ごせるように自分で自分をケアすることが大事です。

 

クールビズが終わり、これからの季節にくるのがウォームビズです。環境省では、地球温暖化対策のため、平成17年の冬から、暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイルを提唱しています。

昨年は、11月1日から3月31日までの5か月間でしたが、今年も同じ時期に始まるようです。もちろん、オフィスにも浸透してきていますから、厳寒期には、ベストがついたスリーピースやニットのベストなどで、室温20℃でも寒くない服装が必要なようです。

上記のポスターは、環境省が出しているウォームビズの啓発ポスターです。このように、環境に配慮した取り組みが、夏はクールビズとして、冬はウォームビズとして国の声掛けの元、会社でも行われています。

それぞれの会社で色々なルールがあると思いますが、どの会社で働くとしても、長く定着して働くためにはその環境やルールに合わせて柔軟に対応し、体調管理をしたり、セルフケアする力が社会人として求められます。

今後冬に向けてどんどん気温が変化していきます。

通勤や通所時、またそれぞれの施設やオフィスで、よい体調と元気を保って皆さんが快適に過ごせるよう、気温に合わせた服装選びや自分にできるセルフケアを、プラーナでは一緒に考えてまいります。就労や、職場へ定着をするための、いいアイデアや工夫についても、今後も取り上げて発信していきますね。

今日はここまで!

 

~次に繋げる~
次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。

◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229

◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。