呼吸セラピー絵本

こんにちは、相模原スタッフの芳賀です。
12月を目前にして、皆様いかがお過ごしでしょうか?
プラーナ相模原の中でも、今年ももう残り1ヶ月、なんて声が聞こえております。

一年が切り替わるとき、皆さんはどんなきもちになるでしょうか。
なんだか年の瀬になるとそわそわする…
焦ってしまう…
寒くて心も体も固まってしまう…
そんなときのセルフケアに、呼吸セラピー絵本はいかがでしょう?

オーレリー・シアン・ショウ・シーヌ作、 垣内 磯子訳の、
「ガストンのきぶんをととのえるえほん」シリーズ(主婦の友社)です。

このシリーズは

 

『おこりたくなったら やってみて』

 

 

『かなしくなったら やってみて』

 

 

 

 

『こわくなったら やってみて』

 

 

の3冊があります。

私たちは日々色々な感情を抱えます。
嬉しくてたまらないときがあれば、
怒りでおかしくなりそうなときもあります。
幸せをかみしめるときがあれば
かなしみの底にいるときもあります。
なんでもできそうな気分のときがあれば
不安でしかたないときもあります。

どんな感情を抱いてもそれは自然なことです。
けれど、感情に振り回されてしまうと、とても疲れてしまいます。

そんなとき、呼吸で自分の気持ちを整理するためにも
このシリーズはとてもおすすめです。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

~次に繋げる~
次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。

◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229

◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。