Eat well, Live well! 旬の食材をいただきましょう!

みなさん、こんにちは。お元気にお過ごしですか?

相模原スタッフの羽田野です。

遠くの山々が白く帽子をかぶり、朝の空気がピリッと冷たくなってきましたね。

早いものでもう師走!日足(ひあし*昼間の長さのこと)が短くなり、朝晩の冷え込みが増しております。

こんな時こそ、たくさん食べて栄養をしっかり摂り、風邪をひかないように気を付けていきたいですね。

 

 

食(職も!)は命の源。

今日は、皆さんにこの季節ならではの旬の食べ物とそのパワーについてお伝えしたいと思います。

秋・冬と言えば、皆さんはどんな食べ物を思い浮かべますか?

体が温まる食べ物がいいなぁと思うので、私は…お鍋にシチュー、おでんにグラタン!

 

秋冬は、栄養たっぷりのおいしい食べ物がいっぱいですよね!

キノコやサトイモなどの旬の食材もいっぱいです。

ところで、旬ってなんでしょう?

よく「この野菜は旬ですよ~」などと言いますが、旬とはその野菜を一番おいしく食べられる時期のことを指します。
旬の時期には、味がおいしくなるだけでなく、含まれる大切な栄養素の量もぐっと増えます。

秋は、実りの季節。多くの「山のもの」が旬を迎え、甘く新鮮でおいしくなります。

冬を越えるためにでんぷん質やタンパク質を蓄えるからです。

代表的な秋冬の旬の野菜は、さと芋やさつまいもといった根菜類、舞茸やしめじなどのきのこ類、

ちんげんさいなどの山草や、銀杏などの木の実です。

根菜類は秋から冬にかけてだんだん美味しくなっていく野菜です。

根菜は葉野菜や果物に比べて硬く、糖質や食物繊維・水分などがギュッと詰まっているので、

野菜をたっぷり摂りたいときには根菜がオススメです。

根菜には主にビタミンCやカリウム・食物繊維といった栄養素が多く含まれているので、免疫力がアップし風邪予防に最適です。

食物繊維が多いので、お通じもよくなりスッキリと、お腹の中をきれいにお掃除し体の毒素も出してくれます。

シチューなどに入れても、旬のリンゴや薫り高い燻りベーコンなどと一緒に炒めて食べても、

きんぴらのように甘辛く味付けしてもおいしいですよ。

 

きのこ類は、皆さんご存知、秋冬の山のめぐみですね。

きのこには、β-グルカンと呼ばれる多糖類が含まれていて、β-グルカンが免疫力を高め、

アレルギーの予防や改善、抗腫瘍効果があると言われています。

お鍋に入れるととってもいいお出汁が出てジューシー!

炊き込みご飯などに入れても香りがお米に移ってキノコ本来のおいしさや香りを満喫できますよ。

 

寒さが厳しくなるこの季節は、普段元気な人でも体調を崩しがちです。

食(=職)は私たちが元気に生きる元。

 

寒くなるときには、私たちの体を調整して元気をチャージしてくれる食べ物が、

ちゃんと自然からの恵み「旬」の食材としてプレゼントされているんですね。

 

地球からの有難い惠みをぜひ取り入れ、皆さんも体調管理においしく楽しく取り組んでみませんか。

旬の野菜や果物を毎日の食事に取り入れて、ますます寒くなる時期の体調管理に役立ててみましょう。

Eat well, Live well!   (よく食べ、よく生きよう!)

今日はここまで!

 

 

~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。

お気軽にご連絡ください。

 

◎お電話でお問い合わせの方0120-40-3229

◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。