体調管理 ~食中毒予防~

みなさん、こんにちは。
プラーナ相模原スタッフの浅場です。

ついに梅雨入りしましたね!
梅雨の季節の体調管理の一つ、
食中毒にも気をつけたいですね。
しっかり対策をして梅雨を乗り切っていきましょう。

 

 

 

 

 

代表的な食中毒と言えば、
腸管出血性大腸菌(O157)
カンピロバクター
サルモネラ菌
などがあります。

腸管出血性大腸菌(O157)の感染事例としては
ハンバーグやステーキ、サラダ、メロン、漬物、和え物などがあり、
様々な食べ物から感染していることが分かります。

 

 

 

 

そもそも細菌が増殖する条件として
①温度が30~40度
②水分
③栄養
この3つの条件が揃うと食中毒が起きやすくなるので
注意が必要です。


それでは
食中毒予防のためには何に気をつけたらよいでしょうか。
①調理前に必ず手洗いをし、菌を寄せ付けない。
②買い物をしたら生鮮食品はすぐに冷蔵庫に入れ、菌を増やさない。
③食材を中心までよく加熱し、菌をやっつける。

この3つが食中毒予防の3原則です。

 

 

 

では具体的なポイントをご紹介しますね。
ポイント
① 買い物の時は肉や魚の水分が他の食品につかない様に分けてビニール袋に入れる。
② 買い物の時は肉や魚、冷凍食品は最後にカゴに入れ、寄り道をしないで帰る。
③ 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に保つ。
④ 冷蔵庫や冷凍庫に詰めすぎない。(冷気の循環が悪くなる)
⑤ 肉・魚・卵などを取り扱う時は、取り扱う前と後に必ず手を洗う。
⑥ 食品の冷凍と解凍を繰り返さない。
⑦ 75℃で1分以上加熱する(電子レンジ可)
⑧ 野菜の除菌は100℃のお湯で5秒程度湯がく。
⑨ きゅうりやトマトはよく洗い、葉野菜は1枚づつはがして流水で洗う。
⑩ まな板は都度洗剤で洗い、熱湯で消毒する。
⑪ 食器乾燥機で食器を加熱乾燥させるのも有効。

※2日目のカレーが原因で食中毒が発生することがあります。(ウェルシュ菌)
大鍋料理で増殖しやすく、加熱しても死なない菌で温度が下がったときに増殖します。食中毒の中では比較的症状が軽めで下痢と腹痛が主な症状です。カレーや煮物などは作った後、小分けにして急速に冷ます。10℃以下にすることが大切です。

★食中毒かなと思ったら★
嘔吐や下痢の症状は原因物質を排除しようという体の防衛反応です。医師の診断を受けずに市販の下痢止めなどの薬をむやみに服用しないようにし、早めに診察を受けましょう。

 

 

 

 

~次に繋げる~
次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。
◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229

◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。