【体調管理】秋バテ対策

皆さん、こんにちは。いかがお過ごしですか?
プラーナ相模原の浅場です。
今年の8月は尋常でない暑さが続いていますね。
まだまだ夏!と思っていましたが、先日、朝4時に起床した時は外は真っ暗で、日の出の時間が遅くなってきているのを感じました。あと1週間もすれば、朝晩は秋の空気を感じるのでしょうね。

 

さて、涼しくなって注意したいのは「秋バテ」です。「秋バテ」とは真夏の生活習慣により、自律神経などが乱れ、食欲不振や倦怠感などの不調が秋まで続くことです。夏バテの症状や原因と大きな違いはありませんが、夏が終わり、秋口にもこのような症状が起きる、継続していることを「秋バテ」といいます。

 

まずは「秋バテ」のチェックをしてみましょう。
1つ以上該当する項目がある場合は秋バテの可能性があります。

□寝つきが悪く、よく眠れない
□疲れが取れない
□体がだるい
□食欲がない
□胃もたれ、胸焼けがする
□頭痛や肩こりがある
□めまいや立ちくらみがある

秋バテの原因は3つあります。
原因①:内臓の冷えが全身へ
夏に冷たいものを多く取り入れてしまうと、胃腸の冷えから「内臓の冷え」になり次第に全身の冷えに繋がってしまいます。これによって食欲もなくなってしまい、食べ物からの栄養が十分に血液に巡らなくなり、頭が働かなくなったり、疲れやすくなったりします。
原因②:冷房の冷えで疲れがとれない
夏、外に出るのを控えて冷房の効いた部屋で過ごす時間が長いと、「冷房冷え」になってしまいます。冷房冷えは血液の巡りを悪くし、手足の先が冷えてしまうのです。また冷房の効いた室内と外気の温度に適応しようとして自律神経が活発に活動することで疲れやすい、体が重い、寝ても疲れが取れないといった症状が出やすくなります。

原因③:乾燥からの脱水症状
夏は脱水症状や熱中症を気にして積極的に水分をとります。しかし秋になり涼しくなると忘れがちになってしまいます。気づかないうちに体の水分が失われ、水分不足になると疲れやすくなり、体が重い、頭痛などの症状が出やすくなります。

それでは「秋バテ」を解消するにはどのように対処すれば良いかご案内します。

対処法①:体を温める
内臓が冷えたり、全身の血流が悪くなっているので積極的に体を温めます。38~40度のお湯に肩まで浸かりましょう。そしてお風呂に入った後はストレッチをしたり、手足をマッサージしたり血流を促してあげましょう。また毎朝1杯の白湯を飲むことが体の冷え解消におススメです。

 

対処法②:ゆっくり腹式呼吸をする
自律神経が乱れていることで疲れやすくなっているのでこまめに休憩時間をとるようにしましょう。そして腹式呼吸の深い呼吸を行います。4秒で鼻から息を吸って、8秒かけて口からゆっくり吐いてを繰り返します。リラックス効果があり、寝る前に行うのもおススメです。

 

 

対処法③:体を動かして内側から熱をつくる
体が冷えて血流が悪くなると、筋肉も凝り固まりやすくなります。肩こりや腰痛を感じる方もいらっしゃるでしょう。ウォーキングで早歩きや大股歩きをしてみたり、軽い筋トレなど少しでも筋肉を使うことで熱を生み出してくれます。血流も良くなるので体のだるさがある状態でも少しずつ続けてみましょう。

 

いかがでしたか?
秋口の体調管理にぜひ役立ててみてくださいね。
それではまた。

 

~次に繋げる~
次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。
◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229

◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。