長引く「おうち時間」、どう過ごす?

こんにちは、相模原スタッフの芳賀です。
一昨日は風が強く、近所の公園に咲いた桜が舞ってとても綺麗でした。
日々変わりゆく状況の中ですが、自然は自分たちのペースを崩さずにいて、
見ていて心が穏やかになりますね。

今年の春はご自宅で過ごす時間が増えている方が多くいらっしゃると思います。
皆様はどうお過ごしですか?
人によっては生活リズムが崩れてしまったり、なんだか気分が落ち込んでしまったり…
という方もいらっしゃるかもしれません。
先週のプラーナ相模原では金曜日にもWRAPを行い、
「在宅で過ごす際、元気に役立つ」道具箱を皆様につくっていただきました。
そこで挙げていただいたアイディアを一部共有させていただきますね。

【 起床時間を通所の日と同じにする】
【 3食しっかりとる】
食事、睡眠は生活リズムをキープするためにとても大事なことですね。
活動量が減ることで食欲が湧かない方は、
いつもより軽めの食事をいつもと同じ時間にとることがおススメです。
噛むこと、胃に物を入れることは脳に刺激を与えます。

【朝、日光を浴びる】
【気分転換にウォーキング】
【部屋を換気してリフレッシュ】
外気に触れることは精神面にとても良いですね。
特に太陽の力は偉大です。
今日はいい天気なので、夜気持ちよく寝られるよう、我が家では布団を干しました。

【情報を取り込みすぎない】
【スマートフォンを見すぎない】
現在はテレビをつけてもサイトを開いても、明るくない話題が多く飛び交っています。
不安な気持ちが膨らみすぎないように情報を遮断することも大切ですね。
教育テレビはそういった内容が少ないのでお勧め、という声もありました。
また有名人やアーティストが元気づけるためのコンテンツをインターネット上に
公開する動きもあります。
私も土日はSNS上にアップロードされた塗り絵を楽しませていただきました。
そういった取り組みをして下さる方に感謝ですね。

この他にも「歌をうたう」「ストレッチをする」「一日の予定を先に立てる」など
色々なご意見がありました。
役立てられそうと感じたものを、ぜひご自身の生活に取り入れてみてくださいね。

ちなみに私は自宅で過ごす時間が長くなったので、お部屋に花を飾っております。

先週のプラーナでもユリを飾っていたのですが、あえてつぼみだけのものを飾ることで
少しずつ花が咲いていく様子が見られました。
自宅で過ごす「おうち時間」、工夫して過ごしていきたいものですね。

 

~次に繋げる~
次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。
◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229
◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。