質の良い睡眠を得るには

みなさんこんにちは。スタッフの中辻です。

早いもので5月も残りわずかとなりましたね。在宅勤務になって約2か月が経とうとしていますが、最近は気温が高い日も多くなって窓を開けて仕事をする機会が増えたように感じます。今の時期は空気もカラッとしていますよね。外出を控えている分、外の空気を感じられて気持ち良く在宅で過ごせています。

ただ、一日の運動量が通勤していたころと比べると大きく減っているようで、先日自転車で買い物に出かけた際に緩やかな坂を上るのですが、帰宅後に足の筋肉がザワザワしておりました。どうやら完全に運動不足の様です。

さて、みなさんはここ最近「質の良い睡眠」はとれていますか?

外出の機会が減って疲れていないはずなのに、「朝起きても疲労感が残っている」「なんだか体がだるい」など感じている方はいらっしゃいませんか。

プラーナ相模原では現在、毎日午前中にインターネットのビデオ通話を用いてカリキュラム配信を行っておりますが、先日「睡眠の質を上げるためには?」をテーマにみなさんに意見共有をしていただきました。

ご存知のように、心身の健康のためには、質の良い睡眠をとることは大切です。生活リズムを崩しがちな時こそ、気を付けたいですよね。最近みなさんが抱えている、睡眠の悩みとは一体どんな事なのでしょうか?

・なかなか眠れない

・夜中に何度も目が覚めてしまう

・ちゃんと寝ているのに常にだるくて眠い

いかがでしょうか?思いあたることはありませんでしたか?このようなトラブルは様々な要因が絡み合って起きるものなので、考えられる原因や改善策も併せて確認してみました。

・運動不足

・就寝前にスマホやタブレットをみてしまう

・「眠れない」不安からくる精神的ストレス

睡眠トラブルを改善する方法

1.日中体を動かそう!

自宅で過ごす時間が増えて、今までと比べるとやっぱり運動不足の人が多いようです。意識的に寝る前にストレッチをしている、とお話くださった方、自宅での運動も続けつつ、外の空気を吸いながら近場の散歩を継続している方もいらっしゃるようです。「筋トレ」と比べると地味かもしれませんが、「歩く事」は簡単でかつ一番効果的な全身運動です。特に午前中の散歩は体にスイッチが入り、一日のリズムと共に睡眠のサイクルにも良い影響を与えてくれますよ。日光を浴びて体内時計を整えるのが大切なようです。

また、室内に掃除機をかけたり窓を拭くなど清掃で体を動かすのも良いですよ。運動不足を解消しつつ、部屋がきれいになるので一石二鳥ですね。

さっそく私も窓拭きと短時間ウォーキングから始めたいと思います!

2.眠る準備の時間を作る

つい、メールやSNSが来ていないか、と確認する意味でスマートフォンや携帯電話、タブレットに触れて、そのついでにネットニュースを見てしまったり、ゲームをしてしまう。でも眠る前にスマートフォンや携帯電話から発せられる光を見ることで脳が「昼間だ」と錯覚を起こして覚醒すると眠れなくなってしまいます。就寝の1時間前からは、部屋の照明を少し暗くしてスマホや携帯を見ないなど自分ルールを作って眠るための準備の時間を作るのも良いかもしれません。

3.「眠ること」を意識しすぎない

「今日もまた眠れない」、「もう〇時になっちゃった」眠れない余りに気持ちにゆとりがなくなってしまったことはありませんか?でも、その思いが「重すぎる」とプレッシャーになって余計に眠れなくなってしまう事があります。そんな時は一度布団から起きて、温かい飲み物を飲んでみるのも良い様です。ホットミルクを飲むと良い、と聞いたことはありませんか?牛乳に限らず、人肌位の温かさの飲み物を飲むとちょっと体がホッとしてリラックス効果があるのでお勧めです。また、「時にはそういう(眠れない)日もある」と楽観的に捉えて、眠ることに対して構えないようにしましょう。

環境の変化がある時は、自分を保つことが難しく、また流されやすくなるものです。こんな時こそ身体と心を健やかに保ち、これまでの睡眠サイクルをできるだけ変えないことが大切です。今の状況は自分の生活を見直す良い機会だと受け止めてみましょう。

よく寝て、よく食べて、よく動く!

今こそ基本に戻って健康的な生活を送ることを心がけましょう!

~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。お気軽にご連絡ください。

◎お電話でお問い合わせの方
0120-40-3229


◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。