梅雨の時期の天気痛を防ぐ方法

こんにちは。プラーナ相模原スタッフの羽田野です。

6月も中旬、梅雨の季節になりましたが、みなさんお元気にお過ごしですか?

「雨の日は頭が痛くなる」「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」「梅雨時に古傷がしくしく痛む」・・・

皆さんは、こんな経験、ありませんか?

気圧・湿度の変化など、天気が原因で起きる体調不良を気象病と呼び、天気によって悪化する症状が出る痛みを、天気痛と呼ぶことがあるそうです。

私も、台風の前や梅雨の時期は時々、頭痛を感じたり、すっかり治ったと思っていた腰に鈍痛を感じたり、いつもはない日中の眠気を感じたりすることがあります。

梅雨の時期に、頭痛や倦怠感、気持ちの落ち込みなどが特に症状として強く出るという声をご利用者様からもよく聞きますが、気圧や温度差のせいだと知らないと、自分の病気の症状がひどくなったのではないか、と不安になってしまうこともありますよね。

そんな風に不安に感じてますます落ち込んだという経験のある方、それは、もしかしたら天気痛が原因かもしれません。

今日は、天気痛による症状と、その対処方法についてお伝えいたします。

 

 

 

 

天気痛で代表的なのが頭痛ですが、頭痛の他にも気圧や湿度変化によって起こる病気・症状は、以下のようなものがあるそうです。

  • 首の痛み
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 気管支喘息
  • 関節痛
  • 神経痛
  • 古傷の痛み
  • 鬱、不安症

 

 

 

気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。

自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。

一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。

この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのだそうです。

 

 

 

 

天気痛を感じてからでも有効ですが、感じる前から、日常的に行ってほしいセルフケアを下記に6つご紹介いたします。

1. 頭の血行を改善するため、耳全体(耳介)を掴み、やさしく全体をくるくる、回すようにマッサージする

(マッサージの方法、続きは“頭痛-ル”HPを参照:https://zutool.jp/column/prevention/ear_massage

2. 充分な睡眠をとる

3. ぬるい温度での入浴

4. 筋トレや、ウォーキングなどの適度な運動

5. 首や肩のストレッチをする

6. 日記やアプリで気圧の変化、自分の体調変化を記録し、自己理解を深めて備える

天気痛への対処方法として、6つのセルフケアをご紹介いたしました。

いかがだったでしょうか?

「もう取り組んでいます」というものがあった方、素晴らしいです!

事前にストレスを予測し、早めに休養をとったり、趣味の活動でリフレッシュする時間を取ったり、ストレスをケアしていくことが、自分自身をよりベストな状態に保つことにつながります。

自分自身を理解して、より良い対応の仕方を知るのは、職場での合理的配慮を求めるときにも必要ですし、何より健康を保てることは、人生で色々なことを楽しむためにもとても大切ですよね。

自分が感じるストレスを知って、適切なセルフケアを行うことで、あなたの大切な人生を、ぜひ豊かで実りある幸せなものにしていきましょう。

今日はここまで!

 

~次に繋げる~
次に繋げるために、プラーナ相模原はサポートしていきます。
お気軽にご連絡ください。
◎お電話でお問い合わせの方0120-40-3229
◎メールでのお問い合わせの方
info@prana-g.com

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。