社会人の責任

皆さん、こんにちは。プラーナ湘南です。

今回は「社会人になるとはどういう事なのか?」

についてお話ししたいと思います。

社会の一員になるという事は、基本的に「働く」ことですね。

「働く」という事は、そこに契約があり、報酬を得るという事です。

報酬を得るとは、会社・社会に貢献する責任や義務があるという事です。

よく履歴書に「〇〇の経験を活かし、貴社に貢献したい」など記載しますね。

働く人は会社へ貢献し、会社は社会に貢献できる、

働くとは、社会に貢献しているということです。

では、「社会の一員」になると、どんな責任があるのでしょうか。

①「時間」

学生のころ、あるいは仕事をしていないと自由な時間が多いですが、

社会人になると時間に縛られることが多くなります。

学生のうちは、学校を休んでも他人に迷惑はかかりませんし、

友人との約束をドタキャンしても謝れば許してもらえたりします。

社会人になると、チームプレーなので会社を休むにも

周囲への配慮が必要です。

休日は決められており、計画的に過ごす必要があります。

開いたシステム手帳のイラスト

②人間関係

社会に出る前であれば、自分の好きな人と付き合っていればよく、

また同年代が多い為、ヨコの人間関係が中心であり、

言葉使いも気を使わなくて済みます。

社会に出ると、苦手な人との付き合っていかなくてはなりません。

様々な年代の人と付き合うことになり、タテの人間関係の中で

言葉使いにも気を使います。

複雑な人間関係のイラスト(棒人間)

これから社会に出る皆さん、

もしくは社会に出るのが久しぶりの皆さん、

働く上で必要な時間管理やコミュニケーションを

プラーナで一緒に学びませんか?

プラーナでは様々なカリキュラムを用意して

皆さんの就職をサポートしています。

~次に繋げる~

次に繋げるために、プラーナ湘南はあらゆる視点で
あなたの就職活動と、その先のサポートをしていきます。
お気軽にご連絡くださいませ。

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。