防災の日

1923(大正12)年9月1日、関東大震災が起こりました。
その大惨事を忘れないため、また台風の被害の多い時期であることから、
1960(昭和35)年に国土庁(国土交通省)が「9月1日は防災の日」と制定しました。
関東大震災の惨事を教訓として防災意識を高めることを目的に、毎年各地で防災訓練などが実施されてます。

プラーナ湘南でも9月1日に防災訓練を実施しました。
地震を想定し、事業所から広域避難所まで避難するといった流れの訓練を確認しています。

実際に危険な場所や指定されている広域避難所へ、直接歩きながら確認をおこなうことで
事業所内はもちろん、普段は安全だと思って歩いている場所が、
とても危険な場所になってしまうことに気づく事ができました。

避難訓練を終えた後は、カリキュラム室で震災に備え必要な備品や
緊急連絡先の確認等をおこないました。

改めて「事前に備えておいた方が良いものが分かった」という方や
「知らなかった広域避難場所を知ることができて良かった」
といった声が聞かれています。

訓練の日のみならず、日頃からの防災の意識を高めていきましょう!

 

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。