定着支援シリーズ【ケース1:Aさんの場合】

就労移行支援プラーナ湘南では、就職を掴みとられる方が続々と増えています。
そういった中で、プラーナ卒業生の「就職直後」と「その後」の様子、気になりませんか?

今回は、プラーナ湘南OBが、就職後、どのように働いているのか
また、その職種やご本人の状況によって、
プラーナでどのような「定着支援」が受けられるのかをご紹介いたします。

~Aさんの場合~

Aさんは、うつ病と診断を受けてから、朝の怠さ等の症状から
なかなか家から出られず生活リズムも整わない日々が続いていました。
ご本人としては、「なるべく毎日来て早く就職したい」とのお気持ちでしたが、
利用当初は2日来たら1週間休みが続くこともしばらくありました。また、クローズでの就労を検討していたので、
ご本人が望むべく形で本人へのアプローチを定め、サポートしてまいりました。

そういった中で、医師との連携・ご本人の様々な努力の甲斐もあり、約2年で就職することができました。

Aさんの仕事はサービス業。勤務時間は週2日~3日と、無理のない短時間から開始。
経験もあったので、まずは感覚を取り戻すこと、そしてその店舗でのサービスについて研修などを通して学ばれていました。
休みの日は自身でのスキルアップも欠かさず、勉強に取り組まれていたようです。

入社の際は障がいをオープンにして働く「オープン就労」ではなく、障がいをクローズにして働く「クローズ就労」からスタートしています。
そういった雇用形態から働き始めたAさんはどのような心境だったのか伺ってみました。

【Aさんからのコメント】
完全クローズではなく、
オーナー、店長には病気のことを話しているという環境は私にとってとても良かったと思います。
頑張ろうとする気持ちは強いので上の人は応援してくれる事が多いのですが、今までそれに応えよう応えようというので辛くなってしまったことも多かったです。
けど今回オーナー、店長に知ってもらっているので頑張り過ぎているとき、体調が優れないときなど
「無理しないで」と声をかけて頂ける環境がとても居心地がいいです。ブレーキ役が私には必要だったんだなと感じます。

他のスタッフの方には基本病気のことは言っていませんが、
ご自身も精神疾患の経験があったりする人には病名を伝えています。
直属の上司にあたるスタッフには精神疾患があるということだけ伝えたりしています。

スタッフの方には、言おう言おうとしないで自然と言えるタイミングで言う感じでした。
これから言っていない他のスタッフの方にも自然に言えるタイミングがあれば言おうかなと思っています。

病名よりも何が苦手かを伝えることが大切なような気がします。
私の場合は気分の浮き沈みが激しいこと、体力があまりないことなどを言うようにしています。

【そんなAさんの近況は…】
勤め始めた頃に比べると出勤中、怠くなったり眠くなったりする日がだいぶ減ったと思います。
職場ではメンタルケアアドバイザーという役職ができ、ますます相談しやすい環境ができました。
昨日ちょうどオーナーとメンタルケアアドバイザーとで面談をしました。出勤中怠くなったり、
眠くなったりをもっと減らすためや、苦手意識をなくすにはなど話し合いました。

現在は、自分のベストパフォーマンスが出やすいやり方を探っていき、
それに沿ったシフトに変えることをこれからやっていこうという感じです。

そういった状況の中でAさんに対してプラーナとしての、クローズでの定着支援では
・「勤務を始められたばかりの期間」はご本人の気持ちの状態や勤務状況などを対面やメールで報告して頂く
・実際に店舗に伺い、ご本人の接客を受け「お客」としての感想をお伝えする
・直接、プラーナ湘南に来所して頂き、日頃の不安や近況を伺うなどのサポート

等をさせて頂きました。

現在は、ご自身で「問題解決」するスキルも見に付けられ、
こちらとしても安心してAさんを見守っています。

しかし、定着支援のサポートは「もう大丈夫」だからと言って、終わるわけではありません。
安定した職業生活が続けられるよう、プラーナは期限にとらわれず「ご縁」を大切にしながら、
就職後のご相談や職場訪問をおこなうなど様々な形でサポートを続けられる体制を整えております。

みなさん就労移行支援に通っている間は、就職するといったひとつの
目標に向かって進まれていることと思います。
しかし、「就職した後」の自分がどのように働いていくのかイメージはできていますか?
目の前のことだけではなく、就職した先の自分もイメージしたキャリアプランを
立てておくのは、自分のためにも、大切になってくるのです。

このように、「就職したい」といったお悩みをお持ちの方だけではなく、
その先の、長く安定して仕事を続けられる「定着支援サービス」を受けることもできる
プラーナを是非、活用してみてはいかがでしょうか?

また、定着支援サービスは、要件の一つに「就労移行支援サービス」を利用した方となります。
そのため、ほかの就労移行支援サービスから就労した方も、プラーナでの定着支援サービスを利用することが可能ですので、
ぜひ就労中の方でお悩みの方がいらっしゃる場合もお問い合わせください。

就労移行支援プラーナ湘南
0467-40-5232

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。