¡Mucho gusto!  ¿Que tal?

タイトルを訳すと…
「はじめまして(Mucho gusto!(ムーチョグスト)、ご機嫌いかがですか?¿Que tal?(ケ タール)」となります。

12月27日に開催された「Let’s Try」のカリキュラムで、
湘南として初めてスペイン語を用いた内容で進めました。
本来ならば英語の内容ですが、今回は特別内容です。

事前に「スペイン人が来るかも」と職員が冗談を言い、皆さんの興味も最高潮。
当然、特別といっても本物のスペイン講師が来ないことは全員承知の上です。
img_9577

湘南では、英語と言っても文法を学ぶのではなく、
「恥ずかしがらずに発言しよう」というコンセプトのもと行っています。
ですので、英語だけではなく、色々な外国語でもOK。
英語になると得意不得意が分かれるところですが、スペイン語となると、
馴染みがある人が少ないため、みな四苦八苦されていました。
しかし、日本語と同じ音の単語や、日常生活に潜んでいるスペイン語なども少しお話しできたので、
ちょっとでも身近に感じてもらえたと思っています。

まだまだ湘南には、フランス語を勉強していた職員もいるので、外国語に触れることがあるかもしれません。

2020年には、東京五輪も控えているので、プラーナを利用していた方が、
カリキュラムをきっかけに通訳ボランティアなどで関われたら素敵ですね。

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。