社会福祉士 菅原千奈子 『障がい者って?』

【スタッフ紹介】
菅原千奈子

  • 平成29年1月プラーナ入社
  • 就労移行支援プラーナ湘南配属
  • 社会福祉士
  • 就労支援員として従事

 

「障がい者」って?

皆さんは「障がい者」と聞くとどんな事を思い浮かべるでしょうか?
「障がい者」= 出来ないことがある人?かわいそうな人?自分とは違う人?想定外な行動をする人?怖い人?

国連では、障がい者を、国際障害者年(1981)に関する文書において「その人間的なニーズ(要求)をみたすのに特別な困難をもつ普通の市民」と表現しています。(「国際障害者年行動計画」1980年)。
さらに国連は、2006年12月に採択した障がい者の権利に関する条約において、障がいを単に個人の心身の状態とせず、「障害を有する者とこれらの者に対する態度及び環境による障壁との間の相互作用」によって生じるものといい、さらに障がい者とは、そうした障がいがあるために社会に参加するうえでの困難をもつ者だとしています。

つまり障がい者は「障がいを持つ人」=障がいがある事で社会に参加することが困難な人であって
朝から晩まで障がいの影響がある事もあれば、ない事もある人もいるのです。

「障がいの影響を受ける場合」もあれば「障がいの影響を受けない場合」もあるという事です。

就労移行支援プラーナでは「障がいを持つ人」がどのように社会参加し
「障がいの影響を受けずに働くことが出来るか」をサポートしています。

例えば、職場で働く車いすのNさん。車いすが通れるスペースが確保され、車いすの高さでパソコンが打て、電話応対が出来れば障がいの影響を受けず「職場の業務に困難ではない人」です。持ち前のコミュニケーション能力で会社の顔として働いています。

うつ病のAさん。事務職として働いています。期日や量を明確にして取り組めば正確に業務をこなすことが出来ます。障がいの影響を受けない「職場の業務に困難のない人」です。勤勉な仕事ぶりは職場に良い影響を与えています。

発達障がいのCさん。ひとつひとつ明確な指示出しや確認を行えば障がいの影響を受けない「職場の業務に困難のない人」です。記憶力が素晴らしく、一度覚えた仕事はミスなく行うことが出来ます。

知的障がいのBさん。難しい漢字が得意ではありません。しかし、絵やマークを使った手順書を使う事で、目で見て理解する事が出来ます。誰よりも元気な挨拶が出来、休まずに一生懸命仕事をしています。「職場の業務に困難のない人」です。Bさんが職場にいると皆が自然と笑顔になります。

2016年4月に「障害者差別解消法」が施行されました。
これは障がいのある人に特権を与えたり、すべてにおいて配慮しないと罰せられるというものではありません。
障がいのある人が社会で生きて行く上でその人が抱える障がいゆえに難しい事を社会の問題としてとらえて解消し、障がいのある人が、ない人と同じように同じ社会で当たり前に過ごせるようにしましょうという法律です。

生まれる前から障害を持っている人もいれば事故や病気等で後から障がいを持つ人もいらっしゃいます。後天的に障がいを持ってもその人はその人。「障がい者」になるのではなく「障がいを持った人」になります。そう考えると、生まれる前から先天的に障がいがある人も、皆と同じ一人の人である事には変わりありません。

たまたま「障がいを持つ」という事で、障がいのない人にとって便利だったり不自由のない社会では「社会的不利」な状況に置かれやすいという事が起きています。
その不利な状況に気が付かず、障壁を作っているのは「障がいをたまたま持たなかった人」です。

もう一度伺います。障がい者と聞いて何を思いましたか?
「障がい者」=その人には出来ることの方が多くあります。社会に参加して働ける人です。障がいがあってもなくてもその人はその人です。

人と人とのつながりの中で、世界は動いています。
障がいを持つ人の「できること」に目を向けてみませんか?
その人の能力を生かした活躍の場を作り出すことで、雇用企業の一戦力になり得ます。
また障がいを持つ人を受け入れるにあたり、マニュアルによる業務の可視化、作業手順をシンプルにする、報告先を一人に決めておく、など業務の進め方や環境の工夫が必要になります。
障がいを持つ人だけにとどまらず、一緒に働く社員も含めた環境や業務の見直しの一助となります。

就労移行支援プラーナは、「働く意欲のある障がいをお持ちの方」と障害者雇用をお考えの企業様との懸け橋になります。

今、障がい者雇用に向け「困難」を感じていませんか?

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

施設の様子を見学しませんか?

支援内容や、カリキュラム内容などのご案内をさせていただいております。

  • ・プラーナの雰囲気が合うか心配
  • ・就職に関する不安がある

など、お気軽にご相談ください。